プロパンガス消費者センター

Japanese lp-gus customer center
全国対応・手数料無料
☎︎ 0120-954-208
(平日)  10:00 - 19:00 (休日)  10:00 - 17:00

プロパンガス会社の変更3つのメリット

4,468 View

+この記事につけられたタグ    料金    基礎知識

プロパンガス会社は自由に変更できる?

消費者にはガス会社選択の権利がある

消費者にはどのプロパンガス会社を利用するか選択する権利があります。 この事実はプロパンガスを利用する上で最も重要な事ですが、ほとんどの消費者はこの事実を知りません。 また、プロパンガス会社を変更するメリットについても同じように知られていません。 そこで今回は、プロパンガス会社変更のメリットをご説明いたします。

プロパンガス会社変更のメリットとは?

毎月のガス代が4,000円以上安くなる

まずはこちらのグラフをご覧下さい。

適正価格と相場価格の比較

※平均価格は全国平均である基本料金1,890円、従量単価523円で計算しています。

※使用量は一般家庭の平均である20㎥で計算しています。

適正価格のガス会社に変更する事で、毎月の料金を5,000円近く安くする事が出来るのです。 適正価格であれば、都市ガスとほぼ同じ料金でガスを利用する事が出来ます。 これがガス会社変更の一番のメリットです。

大手卸売会社だからこそできる適正価格

「変更するだけでなぜこんなにも安くなるのか」と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。 その理由は単純で、今のガス会社の料金設定が高過ぎるからです。

高い料金でお悩みの消費者の多くは販売店と言われる形態のガス会社を利用されています。 それら販売店は、自社で直接プロパンガスを調達している卸売会社からプロパンガスを購入し供給しています。 間に卸売会社を挟んでいる分、販売店ではガスの調達コストが増えてしまいます。

また、多くの販売店はそれほど多くのお客さんを抱えているわけではなく、新たにお客さんを獲得するほどの営業力を持っているわけでもありません。 そのため、一人のお客さんからより多くの利益を得ようとして高い料金設定をしているのです。

これら販売店と比較し、卸売会社は自社で調達している分、コストを抑えられています。 また、抱えているお客さんの数も多いので、一人のお客さんから得る利益が少なくても健全な経営ができるのです。

当センターでは、この卸売会社をご紹介しているため、都市ガス並みに安い料金でガス会社変更をご提案できるのです。

変更後の不当な値上げがない

会社変更2つめのメリットは変更後の不当な値上げが起きない事です。

ガス料金を安くする方法はガス会社変更の他にも、現在のガス会社への値下げ交渉という方法もあります。 しかし、値下げ交渉には、値下げ後の不当な値上げというリスクがあります。 当センターでも「苦労して交渉した結果安くなったはいいが、すぐに値上げをされた」というご相談をよく受けます。 お客さんを逃さないために一時的に値下げに応じても、ほとぼりが冷めた後に値上げをする、といった事がよくあるのです。

値下げ交渉に対し、ガス会社の変更ではその心配がありません。 当センターからご紹介するガス会社は、いずれも全国または関東を中心に活動する経営状態の優れた大手企業ばかりです。 そのため不当な値上げが起こる心配はありません。

原価変動による値下げも

プロパンガスの料金は原価に大きく左右されます。 プロパンガスの原料となる原油の価格が上がったり、為替レートが円安になった場合、プロパンガスの料金は高くなります。 残念ながらご紹介する大手企業も例外ではありません。 ご紹介する大手企業は多くのお客様から少しずつ利益を得るようなギリギリの料金設定をしているため、原油価格が高くなった場合には値上げをせざるをえないのです。

しかし、原価の高騰があれば下落もあります。 その場合には、しっかりと値下げの対応も行われます。 ガス会社の中には、原価高騰による値上げはあっても原価下落による値下げをほとんど行わない会社も存在します。 会社変更を行えば、その心配もありません。

プロパンガス会社変更によるご提案料金

基本料金1,500円、従量単価300円台

当センターからご紹介する大手企業の料金設定は基本料金1,500円、従量単価300円台です。 これは業界最安値の適正価格です。 この料金になった場合、ご自宅のガス代がどれくらい安くなるのか、一度ご確認頂く事をお勧めします。

こちらのページで、プロパンガス料金の計算方法についてご紹介しています。

賃貸アパートでもプロパンガス会社変更は可能?

大家さんの承認が得られれば可能

賃貸アパートの場合、プロパンガスの契約者は入居者の皆さんではなく、大家さんです。 そのため、入居者の方が勝手にガス会社を変更する事はできません。 必ず大家さんの承認が必要になります。

大家さんとの交渉方法など詳しくは、賃貸マンションのプロパンガス料金はなぜ高い?のページでご紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を見た人はこんな記事も見ています

プロパンガスの相場価格がいくらかご存知ですか?なんと全国平均価格は都市ガスの2倍近くも高い価格なのです。どうしてこんなにも料金相場が高いのか、その原因と・・・

+この記事につけられたタグ    料金    基礎知識

プロパンガス料金の計算方法をご存知ですか?なんと検針票には、最も重要な基本料金と従量料金がいくらかが書いておらず自宅のプロパンガス料金が・・・

+この記事につけられたタグ    料金    基礎知識

プロパンガスの適正価格がいくらかご存知ですか?実はプロパンガスの適正価格は平均単価よりも200円以上安いんです。適正価格のガス会社に変更すれば月々のガス代を・・・

+この記事につけられたタグ    料金    基礎知識

Company 2014 © 料金のご相談はプロパンガス消費者センター all rights reserved