プロパンガス消費者センター

Japanese lp-gus customer center
全国対応・手数料無料
☎︎ 0120-954-208
(平日)  10:00 - 19:00 (休日)  10:00 - 17:00

プロパンガスの初期費用はどれくらいかかる?

2,112 View

+この記事につけられたタグ    節約    基礎知識

プロパンガスの設置・初期費用はどれくらいかかる?

ほとんどの場合、利用開始時に支払う設置・初期費用は0円

都市ガスでもプロパンガスでも新築や引越し先の物件にガス器機がない場合、ガス管や給湯器等ガス器機の購入と設置工事を行います。 都市ガスは設置・初期費用を全額一括で契約者が支払います。 しかしプロパンガスは大抵の場合、ガス会社がその費用を負担します。 そのため、契約者がガス利用開始時に支払う設置・初期費用は0円です。 これをプロパンガス業界では無償貸与と呼んでいます。

設置・初期費用は毎月の料金に上乗せされている

しかしこの無償貸与、実際には無料ではありません。 実は毎月のガス代にこっそりと上乗せされているのです。 例えば本来、基本料金1,500円・従量単価350円のところ、従量単価を100円上乗せして450円にして契約するのです。 もちろんほとんどの場合、利用者はこの事をガス会社から知らされません。

そして、この無償貸与にはさらに大きな問題が2つあります。 一つめの問題は、上乗せ分の計算がガス会社の概算によるものであるという事です。 概算なので大なり小なりのブレが生じます。 上述の例で言えば、従量単価に上乗せされているため、ガス会社の概算よりも毎月の使用量が多ければ余計に支払ってしまうことに繋がるのです。

二つのめの問題は、上乗せ分の合計が設置・初期費用を上回っても、上乗せ分がなくなる事はありません。 そのため、いつまでも高い単価でガス供給を受ける事になってしまうのです。

設置・初期費用ではなく適正価格でガス会社を選びましょう

これまでご説明した通り、プロパンガス会社選びで重要なポイントは、初期費用ではなく毎月の料金単価です。 これから利用しようとしているガス会社の料金単価がいくらなのかを明確にした上で契約を進めましょう。 もし適正価格ではない場合は、当センターにご相談ください。 適正価格でガス供給を行う企業を手数料無料でご紹介させて頂きます。

まずは、プロパンガスの適正価格がいくらなのかをご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を見た人はこんな記事も見ています

プロパンガス料金の計算方法をご存知ですか?なんと検針票には、最も重要な基本料金と従量料金がいくらかが書いておらず自宅のプロパンガス料金が・・・

+この記事につけられたタグ    料金    基礎知識

プロパンガスの適正価格がいくらかご存知ですか?実はプロパンガスの適正価格は平均単価よりも200円以上安いんです。適正価格のガス会社に変更すれば月々のガス代を・・・

+この記事につけられたタグ    料金    基礎知識

Company 2014 © 料金のご相談はプロパンガス消費者センター all rights reserved