プロパンガス消費者センター

Japanese lp-gus customer center
全国対応・手数料無料
☎︎ 0120-954-208
(平日)  10:00 - 19:00 (休日)  10:00 - 17:00

プロパンガスの売り込み価格とは

916 View

+この記事につけられたタグ    注意    料金

売り込み価格とは

売り込み価格とは見せかけの激安従量料金

売り込み価格について説明致します。
プロパンガス会社は大きく分けて2種類の会社形態からなりたっています。 ひとつめはプロパンガスを外国から輸入している【卸売会社】。 もうひとつはその【卸売会社】からプロパンガスを購入して販売している【販売店】になります。 プロパンガス業界ではこの上下関係があるため、【販売店】は【卸売会社】より安い料金でプロパンガスを提供する事ができません。 そのため、【販売店】は値上がりを承知で【卸売会社】と同じ水準の料金をお客様に提示して、顧客を獲得しようと言う動きが見られるのです。 このときの提示金額が「売り込み価格」になります。

【卸売会社】と【販売店】の供給料金格差

【卸売会社】と【販売店】の従量料金の差

【卸売会社】と【販売店】が提供している従量料金には大きな差があります。 下記の表を見る限りでもその差は歴然だと言えます。 その中で【販売店】が切替後300円で提供する事などで来ません。 もし、切替を行ってしまった場合、大抵は知らぬ間に大幅な値上がりを起こす事でしょう。

会社形態 従量料金
卸売会社 300円 - 450円
販売店 500円 - 700円

一般家庭だと20㎥は使うので、最大でも8000円も異なってしまうのです。 それほど自由に料金を設定する事ができるため、お客様は良くご自身の請求額のご確認をお願い致します。

【卸売会社】と【販売店】の見分け方

【卸売会社】と【販売店】は見分けられない

お客様が【卸売会社】と【販売店】を見分ける事はできません。 そして、当センターも大々的に【販売店】をページに記載する事はできません。 【卸売会社】と【販売店】は持ちつ持たれつでプロパンガスを供給しています。 そのため、【卸売会社】どこの会社が【販売店】だと言う事を控えます。 しかし、当センターはどこが【販売店】かは言う事はできませんが、【卸売会社】をご紹介することはできます。 そのため、もしプロパンガス料金でお困りでしたら是非ご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Company 2014 © 料金のご相談はプロパンガス消費者センター all rights reserved