プロパンガス消費者センター

Japanese lp-gus customer center
全国対応・手数料無料
☎︎ 0120-954-208
(平日)  10:00 - 19:00 (休日)  10:00 - 17:00

使用量を抑えてプロパンガス料金を節約する方法

1,073 View

+この記事につけられたタグ    0    0

使用量とプロパンガス料金の節約

使用量の割合

いつも使っているプロパンガスの使用割合をご確認ください。

キッチン お湯炊き 追い炊き シャワー
25% 75%

全体の75%がお風呂になります。 このグラフから最もお風呂が節約されていない事が解ります。 この中で特に節約が可能のは【追い炊き】機能です。 【追い炊き】機能は節約のためには最も気をつけなければ行けません。 火力が強いプロパンガスで40度前後の温度を作るには無駄が多いのだと思われます。 結果として追い炊き機能は非常にプロパンガスを使うため節約する事をお勧め致します。 お風呂をためたら、早めに入り、追い炊き機能を使わないず節約致しましょう。

プロパンガス料金節約の参考資料

使用量相場

まず、気にしなければ行けないのは、【使用量】と【従量料金】になります。 もし、【使用量】が上限を超えているならば使い過ぎの可能性があります。 そして、【従量料金】が高ければ、プロパンガス会社の見直しをお勧め致します。 どこからが使い過ぎなのかは下記の表からご確認ください。

家族 使用量相場
一人暮らし 1−6㎥
二人暮らし 5−12㎥
家族 10−20㎥

使用量相場をご確認いただき、もしプロパンガス使用量が問題ないようでしたら、プロパンガス基本料金・従量料金二問題があると思われます。 そのため、請求額の節約をご希望でしたら、一度ご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Company 2014 © 料金のご相談はプロパンガス消費者センター all rights reserved